連体詞2018年03月21日 09:38

昔「大きな」、「小さな」、「おかしな」の3つの用語の品詞を答える国語の問題がありました。
最後が「な」で終わっていても活用がないので形容動詞ではなくて連体詞であると答えさせていました。
しかしこの3つの連体詞だけには通常の連体詞には係らない程度副詞が係ります。
 例  とても大きなリンゴ 〇
  「とても」という程度副詞が「大きな」という連体詞に係っています。

     とてもいわゆるリンゴ ×
  「とても」という程度副詞は「いわゆる」という連体詞には係りません。

厳密にはこの3つは特別の品詞にする必要があります。
この点についての説明は聞いたことがありません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kokublog.asablo.jp/blog/2018/03/21/8807786/tb